【與風擦肩】

浮生

嵐垂


■Author:橄欖色窗簾■


//blog-imgs-32-origin.fc2.com/o/l/i/olivecurtain/img11.jpg


nostalgist/老古板/薄唇薄情星人

風/茶/鋼筆/繪圖鉛筆/135膠片相機
有洞見的散漫男人/大氣的認真女人/心智早熟的小鬼
以及,有那麼點兒情懷、聰明不草率的一切

我沒有說話。
我只是寂寥地在這個世界行走。
行,無處。


霧生

靄折

簾吹

霰盡


Silence
is my MUSIC


場幕落

Wait for the 6913rd hit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心に深い柔らかさがあるので、あの女性達は春の京都で一回だけで回ってから、そのあどの一年間までに、瞳を閉じると、神苑に立っている桜の毎株の色と姿態とを浮かべることもできるそうだ。谷崎潤一郎先生はこう書き込まれた。
 だが、私の閉じた瞳に見えるのは、蒔岡四姉妹が振袖を雲霞のように引いて歩いていて、どんなに綺麗な桜でもかえって背景になることである。彼女達は関西最後な伝統風韻に残っている四つの桜はずである。谷崎先生の筆墨は枝のように端麗あるいは婉曲な彼女達の性霊を描かれてから、花弁のように典雅あるいは艶冶な彼女達の顔を点された。最後に、降りそうな山嵐も軽く染められた。桜の咲きから散りまで、どんな間が挟まれているものだ。彼女達は輝いた家業に別れて、細かい物語を数え、それぞれ離れる脇道を取る。まだ美しさが消えないし、懐かしさが溢れているが、時代が終に流れてしまうのを止まれない。
 だから谷崎先生は『細雪』の光と影をロックなさた、春の京都で撮った写真で。花吹雪のように、寂しさは振袖から散っているその写真、瞼の内側に貼っている桜の花弁であろう。何年も経って、瞳を閉じると、その暗みの中で輝かしい鮮やかが浮かぶ。ともに写真以外にあるのは、触れられないほど悲しい虚空である。
 フロアは突然に動いてきた。びっくりしてよそ見の時、私は向うの知っている顔を見つけた。「お嬢様がお出かけになるんですか」と聞くつもりなのに、火が頬を焼くほど恥ずかしくて、頭をもたげられなかった。

<< 娛樂求生(20100105) | ホーム | 好きな「花」(2010.05.17) >>

評論

評論編輯

URL:
Comment:
Password(可留空):
秘密: 使此評論只有本站管理者可見
 

引用



 TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。